ご質問Q&A  ハサミ研ぎ

◇もくじ

ご依頼方法について   ハサミ研ぎ

Q1.png初めてなんですが、問い合わせせずにいきなりハサミを送ってしまいました。大丈夫でしたか?

A1.png お預かり期間が2週間以上でもよろしければ、いきなりハサミを送っていただいてもかまいませんが、お客様のご連絡先(電話番号、メルアド)がはっきりとわかればいいのですが、まれに宅配伝票に書かれた文字がうすく読めない荷物があります。そのようなときはご依頼者が誰なのかがわかりませんし、連絡することもできません。よって、研ぎに着手することもできず連絡がつくまで保留状態となります。特に初めてのお客様は事前に、または発送後にでもご連絡いただけると助かります。また、1週間ほどの納期を気にする場合は、1週間半以上前にご予約のご連絡をください。予約頂けると作業時間を空けておきますので、1週間ほどの納期が可能です。

Q1.png 発送方法は宅急便じゃないとダメですか?

A1.png 基本的にはお客様からの発送はどんな発送でもかまいません。
送料に関しましては、当店規定の送料サービス条件を設けており、その条件に従い送料サービスを決定します。よって、研ぎ代金の総額により、お客様がご負担する送料を、往復無料、または片道無料と決定いたしますので、どんな発送方法ししていただいても送料サービス条件は適用されます。お客様が片道、または往復の送料を負担するお取引の場合、特に希望がなければ、基本クリックポストなど送料が安い方法で返送いたします。輸送時間は2~3日です。お支払いはレターパックやクリックポストなどの場合、基本、郵便振替です。郵便振替票を同封いたしますので、お近くの郵便局でお支払い下さい。振替手数料は無料です。銀行振込をご希望の場合はお知らせ下さい。

Q1.png ゆうパックの着払いで発送してしまいました。大丈夫ですか?

A1.png 当店はヤマト運輸、佐川急便と契約しておりますが、ゆうパック(日本郵政)とは契約しておりませんので、それですと、当社は一般料金(割高料金)を支払って鋏を受け取ることになります。
当社は、「関東・東北・信越・中部・北陸・関西」地域の方ですと700円。 「北海道・中国・四国」地域の方ですと900円。 「九州・沖縄」地域の方ですと1.400円までしか負担しませんので、 それ以上の差額分はお客様負担となります。
差額分はご請求金額に加算いたしますので、ご了承ください。 次回からは鋏と一緒に同封しますヤマト便(又は佐川急便)の「宛名印刷済みの「着払い伝票」」をご利用ください。
詳しくは、宅配によるご依頼をご覧ください。

Q1.png 1丁だけでもいいですか?なにで発送すればいいですか?

A1.png 1丁のご依頼は、往復の送料お客様ご負担です。どんな方法で送って頂いても構いませんが、その送料はお客様のご負担になります。スマートレター(180円)、クリックポスト(185円)、レターパックライト(360円)などはお安いです。

Q1.png 郵便やレターパックでハサミを送ってもハサミは大丈夫なんですか?

A1.png ハサミを郵便などで送ること自体は法律的に大丈夫ですが、刃が飛び出したりすると危険ですので、ハサミの梱包をしっかりとする必要があります。刃先が外に突き出ないように厚紙などで保護します。ハサミを紙や布で包みます。またはエアキャップで包むのが理想です。エアキャップがクッションとなり、落下の衝撃を防いでくれます。また、雨に濡れてしまう恐れがあるので、雨対策として、ハサミが濡れないように水を通さない素材のものでしっかり梱包したほうがいいです。その点でもエアキャップで包むのが理想です。今まで輸送中に破損したという事故は一度もおきていませんし、不達もありませんが、心配でしたら、対面配達の宅急便やレターパック510をご利用ください。
 
 
↑ページの上へ
 
 

Q1.png 会社から裁ち鋏30丁ほどお願いしたいのですが、お支払いは代引きは無理なので振込みでもいいですか?

A1.png はい。銀行振込でも結構です。お振込み期日をお教えください。

Q1.png 納期はどのくらいですか?また納期を指定できますか?

A1.png 当店は常に込み合ってますので、予約なしのご依頼の場合、2週間以上になります。1週間ほどの納期を希望される場合、1週間半以上前にご連絡の上、ご予約ください。また、大型連休前はご依頼がたいへん混み合うことが予想されますので、2週間以上前にご予約をお願いします。納期日のご指定も都合が合う限り対応させていただきます。

Q1.png ハサミを研ぎに出してから手元に届くまでの期間はどのくらいですか?

A1.png 宅配便ご利用のご依頼の場合、輸送時間プラス通常2週間ほどのお預かり期間がお手元に届くまでの期間になります。輸送時間は宅急便は早いですが送料が割高です。郵便局の全国一律の発送方法ですと2日から3日の輸送時間になりますが送料はお安いです。
1週間半以上前にご予約頂けると1週間ほどのお預かり期間が可能です。

Q1.png 2回目の依頼なのですが、やっぱり問い合わせフォームから連絡しないといけませんか?

A1.png いいえ。メールや電話でもかまいません。また、2週間以上の納期でもかまわないということでしたら連絡なしでハサミを送って頂いても結構です。しかし、突然のご依頼で、早目の納期をご希望される場合は、そのご希望にはまず対応でないと思います。ご了承ください。

Q1.png 当社も、佐川急便と契約しているので、佐川急便の「元払い」で発送してもいいですか?

A1.png はい。かまいません。宅急便の送料が一般料金になってしまうお客様に対して、送料が安くなる方法として“着払いで送ってください。”といっていることなので、佐川急便、またはヤマト運輸と割引送料で宅急便契約していらっしゃるお客様は“元払い”で送っていただいて結構です。この場合もお客様が負担する送料の是非は送料サービス条件(当店規定)に従い決定いたします。

Q1.png 研ぎ料金の支払いは、どうやってすればいいですか?

A1.png 宅急便ご利用の場合は基本、代引き(代金引換)便で返送いたしますので、荷物と引き換えにドライバーさんに代金をお支払いください。その場合、宅配伝票が領収書になるので大切に保管してください。宅急便以外の返送の場合は、基本、郵便振替となります。ハサミと一緒に郵便振替票を同封いたしますのでお近くの郵便局でハサミ受け取りから10日以内にお支払いください。銀行振込にも対応いたします。クレジットカードでのお支払いをご希望の場合は、佐川急便で対応可能ですので、事前にお知らせ下さい。

Q1.png 昼間は仕事中により電話連絡は困るのですか・・・

A1.png ご依頼の連絡をメールでくださったお客様にはメールで、お電話で連絡くださったお客様には電話でハサミ到着のご連絡をさせていただいております。また、連絡なしでハサミが届いた場合、ハサミ到着のご連絡は、電話になります。もし、電話は困るという場合は、「連絡はメールで・・メルアドは・・」とメモを入れておいてください。そうしていただけると連絡はメールでいたします。「到着の連絡は不要」とメモに書いていただければ連絡しません。

Q1.png 領収証を発行してもらえますか?

A1.png 代引き便の宅配伝票やまたは郵便振替票が領収書になりますが、違う名義で領収書が必要な場合など、お知らせいただければ別途領収書を同封、または郵送いたします。

Q1.png 貸し鋏(裁ち鋏)をお借りしたいです。貸し鋏は貸し出し料金が別途かかるのですか?

A1.png 裁ち鋏の貸し出し料金は完全無料です。貸し出しできるハサミは「裁ち鋏」と「握り鋏」のみです。ご依頼の数と同数まで貸し出しすることができます。

Q1.png 鋏がたくさんあり、定期的にまとめて依頼するつもりです。 一度にたくさん依頼すれば研ぎ料金を安くしてもらえますか?

A1.png 商品の販売ではなく、研ぎですので、いくらたくさんご依頼されたとしても1丁1丁、時間と手間をかけて作業を行いますので、数が多ければ値引きするということはありません。しかし、取引実績に応じて割引が適応される場合があります。

Q1.png 海外在住です。連休に日本の実家に一時帰国します。 そのときに宅急便で鋏の研ぎをお願いしてもいいですか?

A1.png はい。よろしいですが、予約なしでのご依頼は2週間ほどのお預かり期間を要します。1週間ほどのお預かり期間を希望される場合は、1週間半ほど前にご連絡の上、ご予約下さい。

ハサミ研ぎについて

Q1.png 刃にサビがあるハサミですが、サビを落として切れるようになりますか?

A1.png 浅いサビでしたらサビを取り除き通常の研ぎを行えばおそらく切れるようになります。しかし、サビが深く腐食があるようですと、その腐った部分を取り除くのにかなりの手間がかかるので200円から500円増しになるかもしれません。ご了承ください。

Q1.png 鋏の調整、バランスも直してもらえますか?

A1.png 調整は研ぎに含まれておりますので、可能な限り、かみ合わせやバランス調整を研ぎと一緒に行います。

Q1.png ハサミを落として刃がかけてしまいましたが直りますか。

A1.png 落下による刃こぼれや、コームを噛んでしまった刃こぼれなど、完全に直します。
また、落下の衝撃による刃のアタリ具合や噛み合わせの狂いなども調整修理いたします。

Q1.png ”ヒットポイント交換”や”指掛け取付”はできますか。料金はいくらですか?

A1.png ヒットポイント(ヒットゴム)、指掛け、指穴リングの取り付けは300円です。

Q1.png 手研ぎですか、それとも機械研ぎですか?

A1.png 両方です。用途、必要に応じて使い分けをします。砥石各種、革砥も使います。研ぎ機はハサミ専用のものが何種類かあります。ハサミを痛めないように作られたかなり低回転の研ぎ機です。手研ぎでは手に負えない部分をサポートします。
少し切れ味が落ちた程度(軽症)のハサミなら浅い研ぎ(手研ぎ)で対応できます。しかし、だいぶ切れ味が落ちた、切れなくなるまで使いきったハサミは手研ぎでは対応できません。研ぎ機である程度のところまでサポートして仕上げを手研ぎで行います。
しかし実際、少し切れ味が落ちた程度で研ぎにだす方は少ないです。ご依頼されるほとんどのハサミはひどく切れ味が落ちた(重症)のハサミです。刃がかなりつぶれていたり、サビていたり、腐食していたり、刃こぼれ、刃欠けのハサミですから当然手研ぎでは手に負えません。研ぎ機の助けが必要です。ましてや刃裏修整の裏スキは手研ぎでは不可能です。
もし、重症のハサミを研ぎ機を使わずに手研ぎだけで行うとしたら、膨大な時間と労力を要します。そうなれば料金も数倍、納期も数倍延びることになってしまいますので、効率も悪く、お客様の負担も大きくなります。それを防ぐためにも研ぎ機のサポートは必要です。もちろん刃を必要以上に減らさないように、刃を痛めないように細心の注意を払って研ぎを行います。ご安心ください。

そもそも、この質問をする意図は、機械研ぎだと刃を必要以上に減らされてしまうことを恐れてのことだと思いますが、上手い業者は機械研ぎでも刃を必要以上に減らしません。
なぜなら、刃の状態を見て、どこまで研ぐ(削る)かを先に決めるからです。つまり、決めた場所まで機械研ぎが必要なら使う。必要ないなら機械は使わない。手研ぎ。とします。
よって、手研ぎか、機械研ぎかで判断するのではなく、研ぎが上手いか、下手かで判断すべきだと思います。下手な業者は、手研ぎでもハサミを壊します。現に手研ぎ業者に壊されたハサミが当店には毎日のように依頼されてきます。

 
 
↑ページの上へ 
 
 

Q1.png 刃を減らさないで研いでほしいのですが、できますか?

A1.png できますが。・・・研ぐという行為は、少なからずも刃を減らす行為です。まったく刃を減らさない研ぎはあり得ません。当店はハサミの寿命を一番に考え、最少の研磨量で正確、丁寧に研ぎを行います。
切れないハサミの切れ味をよみがえらすためには、刃のダメージ(つぶれている)部分をすべて取り除かなければなりません。そうしなければ、新しい刃が付きません。
そのハサミの刃のダメージの度合いによって、刃の減りが決まります。
0.03ミリの減りで切れ味が戻るハサミもあれば、0.5ミリ減らさないと切れ味が戻らないハサミもあります。
全額返金保証、「切れなければ代金は頂きません」がポリシーの当店にとって、切れないハサミをよく切れるように再生することが当店の使命です。よって0.5ミリ刃を減らさないと切れ味が戻らないハサミであれば、0.5ミリ刃を減らして切れ味抜群に研ぎ上げます。この原理原則をご理解頂けない方は当店には依頼しないでください。
多くの下手は研ぎ業者は、まだ刃こぼれが残っているのに、少し刃を研いだくらいにして代金を請求しています。そのようなハサミはまたすぐに切れ味が落ちます。研ぎ料金が安いのかもしれませんが、すぐ切れなくなるのでは、研ぐ回数が増えて、結局高くつく羽目となります。
神経質に研ぎで刃を減らしたくないのならば、刃に大きなダメージを与えるような使い方や保管の仕方、そして、下手な研ぎ業者に研ぎを依頼しないようにと、そちらに神経を使ったほうがいいと思います。

刃こぼれが残ってもいいから、刃をほとんど減らさない研ぎをしてほしいというのであれば、その旨お知らせ頂ければ、そのようにいたしますが、切れ味が悪かったり、すぐ切れなくなったりすると思いますが、もちろんノークレームでお願いします。

Q1.png 裁ちハサミの「長太郎」鋏は、普通の研ぎ屋さんでは研げないと聞きました。そちらではできますか?

A1.png もちろん研げます。裁ちハサミの研ぎも専門です。問題ありません。「長太郎」鋏を切れるハサミに再生するために最高の技術をご提供いたします。

Q1.png ハサミの寿命ってあるんですか?

A1.png ある意味、寿命はあります。ハガネがなくなる。またはハガネが鈍ら(なまくら)になる。ハガネが腐食する。ヒビが入る。折れる。など症状はいろいろありますが、研ぎ込んで刃が細くなったり、古くなりすぎて刃がヘタってきたハサミはせん断力が落ちてきます。仕事用としては使いにくくなったら、戦力外ということで第一線から退き、活躍の場を家庭用などにしてご使用になるといいでしょう。
それでも使用不可能な状態になったら終わりです。そのハサミが寿命を迎えたことになります。

Q1.png 20回以上研いでいる古いハサミでも研げばよくなりますか?

A1.png そのハサミの状態を見ずに答えるのは難しいです。なんとも言えません。よくなるかもしれないし、ならないかもしれない。たとえハサミを見たとしても判断は難しいです。わかるのは実際に研いだときです。
ハサミは研いでみなければわからいのです。ただ見た感じではダメだと思ったハサミが見違えるように再生する場合もあれば、大丈夫だろうと思っていたハサミが実際ダメだったということもあります。
ただ当店の長年の経験から申し上げますと、再生成功の確率は90%以上あります。なのでどうぞ試しにハサミを送ってみてください。ひょっとするとよくなるかもしれません。

Q1.png カーブ鋏(反り鋏)をお願いできますか?

A1.png はい。承りますが、カーブ鋏は軽い研ぎしかできませんのでご了承ください。刃のダメージが大きいなど重症の場合は、再生不可能かもしれません。カーブ鋏は、ふつうのハサミのように完全な研ぎが行えません。裏側に反った刃の裏スキが出来ないからです。出来る人はいないと思います。裏スキを必要としない軽い症状でしたら再生可能です。

Q1.png 研ぐと刃は減るんですか?

A1.png 減ります。確実に減ります。減らないように研ぐことは物理的に不可能です。本来、研ぎとは刃を削る(減らす)行為ですので、研げば多かれ少なかれ刃は減ります。
それでいいのです。鋏(刃物)はそうやって使っていくものですし、そのように造られております。
刃を一切減らしたくないというのなら、研がないことです。切れなくなったら、新しい鋏を買って使う。使い捨てですね。不経済ですがそれしか方法はありません。
当店は最少の研磨量で研ぎを行います。そして“切れなければ代金いただきません”と全額返金保証を付けていますので、切れないハサミを切れるようにするのが当店の使命です。研いだという既成事実を作っただけで、切れるようになっていないのに代金を請求するインチキ業者とは違います。よって、切れるように再生するために刃を減らす必要があれば刃を減らして切れるようにします。たとえば、かなり使い込んだハサミで刃のつぶれがひどく、0.3ミリ刃を削らないと切れるようにならない場合、0.3ミリ刃を減らして切れるようにいたします。0.5ミリなら、0.5ミリ刃を減らしてでも切れ味を復活させます。この原理原則をどうぞご理解ください。

Q1.png 美容ハサミはステンレスでサビないから、水で洗っても大丈夫ですよね?

A1.png ダメです。刃はステンレスでもネジがステンレスでない場合が多いで、ネジがサビます。どうしても刃を水で洗いたい場合は、水がネジにかからないようにすることです。そして洗った鋏は、よく拭いて水分を取り除いてください。サビに強いといわれるステンレスの刃でも水滴が付着したまま長時間放置すると腐食します。ハガネが腐ります。パーマ液などは強い酸性なのでハガネがはやく腐食しますので、それらの液体がハサミに付着しないようにしてください。また、付着してしまったら、すみやかにキレイにふき取ってください。

Q1.png おススメのハサミはありますか?

A1.png はい。あります。よく聞かれる質問です。今までいろいろなハサミを研いできましたが、その中でいいハサミだなと思うハサミと、そのハサミのお客様の評判も合わせて、当店おススメのハサミをここでご紹介しておきます。

●当店おススメの理容・美容シザーは3つ「ジョーウェル」徹底したモニタリングから開発する完成度の高いシザーが揃う。★楽天市場

「ヒカリ」豊富なバリエーションから最適なハサミが選べる。★楽天市場

「モルクシザー」創業120年 信頼のブランド★楽天市場

●当店おススメのトリミング シザーは上記の「ヒカリ」と「胡蝶」です。
ハガネ良質でとてもバランスのいいシザーです。トリマー様にとても人気があり、評判もいいです。★楽天市場

●当店おススメの裁ちハサミは、なんといっても「増太郎」裁鋏です。
品質最高です。日本一の裁ちハサミです。生産終了。在庫わずか。お早めにお買い求め下さい★楽天市場

●次におススメは「庄三郎」です。日本で最も普及している裁ち鋏です。とても標準的な質と料金で人気があります。★楽天市場

Q1.png テレビで”切れなくなったハサミはアルミホイルを切ると切れるようになる”と聞いて、裁ち鋏でやってみたらよけい切れなくなってしまった。どうしてですか?

A1.png 裁ち鋏やシザー(理美容、ペット鋏)では絶対にやらないでください。刃を壊します。高価なハサミではもったいないです。
あれは、構成刃先(こうせいはさき)という現象を利用したライフハックです。構成刃先(こうせいはさき)とは、切った対象物(被削材)の一部が刃先に付き、それが新しい刃として振舞う現象のこと。
アルミなどの粘着性があり融点の低い金属では、低速度で切削した程度でも付着するという科学的変化ですが、テレビでやっているのを私も見ましたが、使用しているハサミは文具用のハサミ、ステンレス製の簡易的構造の安価な紙切りハサミです。そして切れ味が戻るといっても一時的です。何回か切ったら、またすぐに切れなくなります。
単なる気休めの裏技ですので、業務用の高価なハサミではやめてください。美容ハサミなどのシザーや裁ち鋏でアルミを切れば、間違いなく刃を壊し、ますます切れなくなりますのでご注意ください。

Q1.png 刃の先端を少し詰めてほしいのですが、できますか?料金はいくらですか?

A1.png できます。加工ということで承ります。
先詰め、指掛け切除、刃を細くする加工など手間のかかる度合いによって料金は増します。
例:シザーの先端を5ミリ詰める場合、
1ミリ毎200円。5ミリだと1.000円の増し料金となります。
加えて、刃を細くしたい場合は、さらにその数倍の増し料金になります。
たまに、「1cm先を詰めて、今と同じように刃先を細くしてほしい」というご依頼を受けます。この場合は経験上、お断りしております。1cmは詰め幅が大きすぎます。とても不恰好なハサミになります。バランスも悪く、使いづらくなります。原型を大きく崩すのでやめたほうがいいですし、たいへんな手間なので加工料も数万円になります。刃渡りが1cm短い新しいハサミを買ったほうがいいです。

Q1.png ピンキング鋏の研ぎをお願いできますか?

A1.png ピンキング鋏を研ぐこと自体はできるのですが、よく切れるようになる成功率が90%以下、60%くらいなので、宅急便やレターパックなど送料が発生する輸送によるご依頼の場合、ピンキング鋏のみのご依頼は受け付けておりません。
他店のように切れるようにならなくても代金を請求するのなら、だまって何でも引き受けるのですが、
当店は“切れなければ全額返金”と謳っているため、もし切れるようにならなかった場合に時間と金銭の損失というリスクが発生してしまいます。よって再生成功率90%以上のものしか受け付けられません。どうぞご理解下さい。
できましたら、裁ちハサミ数丁と一緒にピンキング鋏もということでご依頼頂くと助かります。
また、「切れるようにならなくても、代金はお支払いします」ということでしたら、ピンキングだけの研ぎ受付けます。

  
 
↑ページの上へ 
 
 
 

お見積もりをお知らせします。お気軽にお問合せください。
お問合せフォーム

 
 
 

a:9599 t:7 y:9